大胆な思考とリーダーシップが
新たな未来を切り拓く

BMW × MONOCLE

世界の著名なクリエイターが示すラグジュアリーの定義や作品に込められた情熱を、BMWとMONOCLEのコラボレーションによりご紹介。

MONOCLEは独自の視点で国際情勢、ビジネス、カルチャー、デザインの最新情報を発信するグローバルな情報誌として、世界中の人々から多くの支持を集めています。

フィリップ・ティナリ

フィリップ・ティナリは、アジアの現代美術にもっとも影響を与えた人物の一人です。2011年、北京のユーレンス現代美術センター(UCCA)の館長に就任した彼は、中国の気鋭アーティストと世界中のオーディエンスを結びつける場としてUCCAを機能させ、国際的なエキシビジョンの数々を誘致してきました。最近ではUCCAの新館となる「UCCA 砂丘美術館」のオープンにおいても、そのダイナミックな手腕を発揮しています。

中国の現代美術を新たな時代へと牽引してきた、フィリップ・ティナリ。
真のリーダーとして活躍する彼の、斬新な発想と大胆なアプローチとは。

Q:最近のプロジェクトの中でもっとも注目を集めたのは、昨年北京郊外にオープンした「UCCA 砂丘美術館」ですが、それはあなたにとってどのようなものでしたか?

A:私にとっては、新たな可能性を探る実験のひとつでした。すべては「現代美術の中心となる機能を、中国の主要都市以外で構築することは可能だろうか」という問いから始まりましたが、結果的にその答えは、イエスです。今や、季節を問わず、真冬であっても毎日何百人という来館者がこの場所を訪れます。私たちが言える確かなことは、「然るべき場所を作れば、世界中から人が訪れる」というものです。中国の現代美術においては、イノベーター的存在に受け入れられれば、あとは自然に認知が広がってゆくという段階に至っています。

Q:世界中の人々を惹きつける上であなたは重要な役割を果たしましたが、マネジメントにおいて留意した点はありますか?

A:私がここで活動を始めたのは2000年代初頭でしたが、幸運なことに時代は経済成長の真っ只中にあり、その好機に乗ることができました。私は中国の現代美術への認識を高めるためにさまざまなプラットフォームを独自に立ち上げてきましたが、常に国際的な視野を持って取り組んできたと言えます。もちろんUCCAも例外ではありません。

THE 7

左上:深い寛ぎに身を委ねる。リヤ・シートで堪能する優雅なひと時/右上:この上ない開放感をもたらす、電動パノラマ・ガラス・サンルーフ/左下:フロントで目を引く、大型化されたキドニー・グリル/右下:厳選された素材を丹念に仕上げたレザー・シートが、エレガントな空間を演出

気高く、威厳に満ちた風格

大胆な勇気と斬新な発想を備え、自らの期待を凌駕する価値を求め続ける人のために、BMWが出した答え、それが 7 シリーズ。あらゆる路上で、すべてを圧倒するその一台は、誰よりも先に立ち、時代を追い越して行くリーダーにこそ相応しい存在。

互いを引き立て合いながら、ワイドなリヤを強調するスリムなテールライトとエキゾースト・テールパイプ

心を揺さぶるデザイン

7シリーズのエクステリア・デザインは、大型のキドニー・グリルとロゴ・バッジによって、比類なきアイデンティティを主張します。さらに、左右のテールパイプをつなぐクローム仕上げのストリップなどの精緻なディテールが、ダイナミックなデザインに優雅な気品を添えています。

内包する煌めき

美しさと快適性そして機能性を極め、五感すべてに新たな体験をもたらすラグジュアリーなインテリア。最上のレザーに巧緻なディテールが際立つシートから、照明やフレグランスの魅惑的な演出、車内エンターテインメントまで、格別な寛ぎを約束します。

BMWとMONOCLEのコラボレーション

BMWとMONOCLEは7、X7、8クーペとカブリオレという極めて洗練された4つのモデルによって、人生を豊かにする素晴らしい旅へとあなたをご案内いたします。ページ内で出逢う偉大なクリエイター達とともに、ラグジュアリーの真髄に触れる新たな歓びを探求してください。

関連コンテンツ

BMW LUXURY

BMW 最高峰のラグジュアリーモデル

7シリーズ

8シリーズ クーペ

8シリーズ カブリオレ

8シリーズ グラン クーペ

M8 クーペ

M8 カブリオレ

メールマガジンへのご登録で
限定情報などをお届けします